このページの先頭です

即日発行ができる海外旅行保険付帯のクレジットカード

205views

投稿日:

海外旅行保険が必要な理由

海外旅行に行くときには海外旅行保険に入った方が良いとよく言われますよね。

すでに生命保険や医療保険に入っている人は、海外旅行保険がどんなものなのかイメージがしやすいかもしれませんが、そもそも保険ってなに?という方もいるかもしれません。

保険とは保険の加入者が万が一の病気やケガなどの事故に備えて支払っている保険金を病気やケガに遭った人に分配する仕組みです。

これにより、本来なら高額な医療費を支払わなければならない場合でも自己負担が軽くなるのです。

ではなぜ海外旅行保険に入っていた方がいいかというと海外旅行先で病気やケガで医療機関を利用した場合、医療制度が日本とは異なる国が多く、高額な医療費を支払わなければならなくなってしまうことが多いからです。

海外旅行に行った経験のある人は利用したことがあるかもしれませんが、多くの保険会社では、海外旅行中の短期間だけ保険を利用できる海外旅行用のプランを用意しています。

実はこの海外旅行保険が付帯しているクレジットカードは多くあるんですよ。中には即日発行が可能なクレジットカードもあります!

海外旅行に行くから急いでクレジットカードを作りたい、という方にとっては即日発行もできて海外旅行保険もついているという一石二鳥のクレジットカードですね。そんなクレジットカードをここでは紹介します。

海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカード

海外旅行保険には自動付帯と利用付帯がある

クレジットカードに付帯している海外旅行保険には、クレジットカードの利用がなくても保険が適用される自動付帯と、その旅行に関連する渡航費などの費用をクレジットカードで支払っている場合にのみ適用される利用付帯の2種類があります。

ここで紹介するクレジットカードは、海外旅行保険についてはすべて自動付帯となっているため、特別な手続きなどをすることなく、旅行の際に持って行くだけで保険が利用できます。

海外旅行保険付帯クレジットカードの基本情報

カード名 年会費 補償内容
(いずれも最大の金額)
エポスカード 無料  疾病治療費
 270万円
 
 障害治療費
 200万円
 
 障害死亡/後遺障害
 500万円
 
 携行品損害
 20万円
 
 救援者費用
 100万円
 
 賠償責任 
 2000万円
セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カード 25歳まで
無料
26歳以上は
3000円
 疾病治療費
 300万円
 
 障害治療費
 300万円
 
 障害死亡/後遺障害
 3000万円
 
 携行品損害
 30万円
 
 救援者費用
 200万円
 
 賠償責任
 2000万円
セゾンゴールド・アメリカンエキスプレス・カード 10000円  疾病治療費
 300万円
 
 障害治療費
 300万円
 
 障害死亡/後遺障害
 5000万円
 
 携行品損害
 30万円
 
 救援者費用
 200万円
 
 賠償責任
 3000万円
ビックカメラ
Suicaカード
カード利用
があれば
無料
 疾病治療費
 50万円
 
 障害治療費
 50万円
 
 障害死亡/後遺障害
 500万円
ルミネカード 初年度無料
2年目以降
1000円
 疾病治療費
 50万円
 
 障害治療費
 50万円
 
 障害死亡/後遺障害
 500万円

それぞれのクレジットカードについて次の項目で詳細を解説します。

エポスカード

エポスカードはファッションビルのマルイが発行しているクレジットカードです。マルイの店舗にあるカードカウンターで申し込めば、当日のうちに受け取りが可能です。

1.年会費無料でも充実の保険内容
エポスカードは年会費が無料のクレジットカードの中では、最も海外旅行保険が充実しているクレジットカードと評価されています。

その理由は、補償内容が海外で必要性の高い損害を重視したものになっているためです。病気の治療のために支払った治療費や入院費、薬剤費などの疾病治療費については最大270万円、ケガの治療のために支払った障害治療費は最大200万円の保険金がカード会社から支払われます。

さらに、カメラや携帯などの私物を誤って壊してしまったときにも補償してくれる携行品損害も最大20万円となっています。

免責金額として3000円の負担が必要ですが、たった3000円を支払えば、自分の不注意で壊してしまったとしても多くの場合で補償されるということです。

たとえば、イタリアで慣れない石畳につまづいて転んでしまい、18万円の一眼レフカメラを壊してしまっても、3000円を払えば同じものに買い換えられるんですよ!

2.安心の現地サポート
世界の主要38都市(2018年1月現在)に設置された現地サポートデスクでは、日本語での相談が可能です。

事故やトラブルの相談はもちろん、ホテルやレストランの予約代行などといった、旅行中にありがたいリザベーションサービスにも対応してくれます!

万が一、海外旅行中に不慮の事故やケガに遭ったときには、24時間いつでも日本語対応の緊急医療アシスタントサービスが利用できます。

ケガや病気のときには、現地の医師や病院の紹介、患者の医療機関への移送などといったサービスを手配してくれます。

緊急医療アシスタントサービスの窓口は世界46ヶ所の主要都市に設けられています。
(2018年1月現在)

予想だにしていなかったトラブルに見舞われても、まずはこの緊急アシスタントサービスに連絡をすれば様々な手助けをしてくれるので安心して旅行を楽しめるようになります!

セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カードは全国79ヶ所のセゾンカードカウンターにて即日受け取りが可能なクレジットカードです。

アメリカンエキスプレスといえばなんとなく敷居が高いイメージがあるかもしれません。実際にアメリカンエキスプレスは世界的にもステータス性の高いクレジットカードといわれており、年会費は最もグレードが低いグリーンの一般カードでも12000円(税別)となっているんです。

ではなぜセゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カードは年会費がこんなに低いのでしょうか?実は日本ではアメリカンエキスプレスのクレジットカードは2種類あるのです。

ひとつはアメックス・プロパーと呼ばれる本家のアメリカンエキスプレスが発行しているクレジットカードです。もうひとつ、アメリカンエキスプレスがセゾンカード発行元のクレディセゾンと提携して発行しているクレジットカードがあります。

セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カードは、クレディセゾンが発行しているアメリカンエキスプレスのクレジットカード。アメリカンエクスプレスの名前は入っていますが、発行元はクレディセゾンであるため、年会費が低くなっているんです。

年会費は26歳以上は3000円、25歳以下までは無料となっています。セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カードは、無料でアメックスブランドを手に入れられる唯一のクレジットカードです。そんなセゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カードは海外旅行保険もコスパ抜群です。

1.手厚い障害死亡、後遺障害
あまり考えたくはないかもしれませんが、不幸なことに海外で事故などに巻き込まれてしまい、重い障害を負ってしまったり、死亡してしまった際、最大3000万円補償されます。

先ほどのエポスカードに比べると、かなり手厚い補償内容であることがわかりますよね。

事故や病気にあったときには、日本語を話せる医師の紹介や救急車の手配などといった緊急アシスタンスサービスを無料で受けることができます。

25歳以下であれば、無料でこれらの充実した海外旅行保険も利用できるのです。セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カードは学生でも作れるので、旅行好きの大学生はぜひ作っておくと良いでしょう。

2.手荷物無料宅配サービス
さらに、海外旅行のときに嬉しい手荷物無料宅配サービスが利用できます。海外から帰ってきた際、会員ひとりにつきスーツケース1個まで無料で自宅に届けてくれるのです。

海外の滞在が長期になればなるほど荷物の量は増えますが、無料宅配サービスがあれば帰り道がかなり楽になりますよね。特に、空港から自宅までは電車やバスを利用する人にとってはとても便利に感じられるでしょう。

利用する際には空港のABC到着カウンターへ荷物を持ち込み、セゾン手荷物宅配サービスを利用する旨を伝え、セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カードを提示すれば利用できます。

対象の空港は、成田国際空港、羽田空港(国際線ターミナル)、中部国際空港、関西国際空港の4つです。

セゾンゴールド・アメリカンエキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカンエキスプレス・カードは先述のセゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カードと同じく、クレディセゾンが発行するアメリカンエキスプレスブランドを冠したクレジットカードです。

年会費が10000円と高くなる分、補償内容やサービスも充実しています。

1.家族特約が付帯した保険
セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カードでは最大3000万円だった補償金額は、最大5000万円とかなり手厚い補償内容になります。

そのうえ家族特約として、本会員の家族が事故にあった場合にも補償してくれるのです。家族の補償は最大1000万円となってしまいますが、クレジットカードを持っていなくても補償を受けられるんですよ。

2.航空機遅延費用の補償が付帯
搭乗予定の航空機が欠航もしくは4時間以上遅延した場合、3万円を限度として宿泊費や食事代、交通費、国際電話の通話代などを受け取れる航空機遅延補償が自動付帯しています。これは乗り継ぎの際にも適用されます。

天候不良で飛行機が欠航になってしまい、1泊ホテルで泊まらなければいけなくなってしまったときには宿泊代はもちろんのこと、ホテルまでの移動費や食事代も3万円を限度に支払われるので、余計な出費をせずに済むんです。

これに加え、預けていた荷物が空港に運搬されなかったときには、緊急で必要な生活必需品の購入額を最大10万円まで補償してくれるのです。対象となるのは下着や寝間着、洗面用具やカミソリなどです。

ロストバゲッジしてしまうと自分のものはすぐには戻ってきませんが、この補償があればなんとか旅行先で過ごすことはできますね。

3.空港ラウンジが利用できる
セゾンゴールド・アメリカンエキスプレス・カードは、国内31ヶ所の主要空港ラウンジとハワイのダニエル・K・イノウエ空港のラウンジが無料で利用できます。

ラウンジでは無料のソフトドリンクをもらうことができ、新聞や電源なども用意されています。出発前に時間があるときにはラウンジでくつろげますよ。

無料で利用できるラウンジはいわゆる「カードラウンジ」と呼ばれるラウンジです。別途10000円の年会費を支払うと、JALラウンジやANAラウンジといった航空会社のラウンジをはじめ、世界130以上1,000ヵ所以上の地域で空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスを取得することができます。

これらのラウンジでは無料のお酒や食事をとることもできるので、海外旅行に行く機会が多く、待ち時間をもっと楽しみたいという人は取得してもいいかもしれません!

ビックカメラSuicaカード、ルミネカード

ビックカメラSuicaカードとルミネカードの発行元はJRの子会社のビューカードです。そのため、この2つのクレジットカードの海外旅行保険の内容は同じです。
1.必要最低限の補償内容
補償内容は死亡・後遺障害で最大500万円となっています。携行品損害などの補償はなく最低限の補償内容であるといえます。

2.日本語救急サービスが利用可能
旅行中に事故やケガに遭ったときには、無料で東京海上日動海外サポートデスクを利用できます。サポートデスクに電話をすれば、病院の紹介や救急車の手配などを保険金の支払い額の範囲内で対応してくれます。

「もしも」は誰にでもある

「もしも」は誰にでもある

海外旅行に行くとき、現地で病気や事故に遭うことを想定して出発する人は多くはないかもしれません。しかし、普段と異なる環境に行くと何が起こるかわからないものです。

自分は滅多に身体を壊さないから大丈夫と思っていても、意外にトラブルに遭ってしまう人は多いものです。

東南アジアに行き、水道水を飲んでお腹を下して入院してしまったり、インドでカレーを2週間食べ続けていたら胃の調子が悪くなって病院に行ったなんて人も実際にいるんですよ。

ここで紹介した海外旅行保険は、どれもクレジットカードを持ってさえいれば利用できるものです。誰にでも起こりうる「もしも」には、備えないよりも備えた方がいいに決まってますよね。

海外旅行に行く機会のある人は、クレジットカードをうまく活用して手軽に安心を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です