このページの先頭です

20歳未満でもOK!未成年でも作れるクレジットカード

207views

投稿日:

未成年はクレジットカードを作りにくい?

多くのクレジットカード会社では会員資格に満18歳以上という年齢制限を設定しており、高校生以下の学生は不可という条件を設けています。

クレジットカードはカード会員の信用を元に取り引きが成立するカードなので、安定した収入がない高校生以下の人は作れないというのは当たり前ですよね。

このため高校生に限らず未成年はクレジットカードを作りにくいと考えられがちですが、実はそんなこともないんですよ。18歳、19歳の未成年でも作れるクレジットカードは意外と多いって知ってましたか?

むしろクレジットカード会社は未成年に対して審査を厳しくできないことが多いんです。これは一体どういうことなのでしょうか?

クレジットカードの審査には「クレジットヒストリー」が重視される

クレジットカードの審査では、クレジットヒストリー(略してクレヒス)と呼ばれる過去のクレジットカードやローン、キャッシングなどの利用、支払い履歴が重視されます。

クレヒスが汚れている、つまり過去にたびたび支払い遅延があったり、借り入れがたくさんある人などは信用力が低いと判断されて、クレジットカードの発行が認められないことになるのです。

しかしクレジットカードを持ったことがなくローンを組んだ経験もない未成年者は、クレヒス自体が真っ白な状態のため、カード会社は審査を厳しくすることはできないんです。

そのため、高卒で働き始めた新社会人の未成年なら難なく作れるクレジットカードも存在しています。

携帯代の支払いを延滞している人は要注意!

ではクレジットカードを持ったことが無い未成年なら必ずクレヒスがきれいかというと、実はそうではありません。最近では携帯代の支払いを遅延することで、知らないうちにクレヒスが傷ついている人も増えています。

月々の携帯料金と一緒にスマートフォンの端末代を分割払いする人は多いですよね。この分割払いというのが、実はクレジットヒストリーに載ってしまう情報なんです

端末代を分割払いにしている人は携帯代の支払いを遅延すると、分割払い(つまり借金)の返済に遅れたとしてクレジットヒストリーに履歴が残ってしまうので、クレジットカードの審査に通らない可能性が出てきてしまうんです。

携帯代の支払いくらいちょっと遅れてもいいでしょ?なんて軽い気持ちは禁物です!クレヒスをきれいに保つためには必ず期日までに支払いを済ませましょうね!

未成年でも作りやすいカード3種

18、19歳の未成年なら意外にもクレジットカードを作るハードルは高くないことが分かったところで、中でも特に審査に通りやすかったり、未成年を歓迎しているクレジットカードを3種類ご紹介します。

流通系クレジットカード

ファッションビルなどのデパートが発行している流通系クレジットカードは、会員資格を満18歳以上に設定しているものが多く、大学生や専門学生、フリーターでも作ることができます。

エポスカード、ルミネカード、パルコカード

エポスカードを発行しているマルイや、ルミネカードを発行しているルミネ、パルコカードを発行しているパルコなどは10代、20代の若い世代をターゲットにしたファッションビルですよね。

頻繁に買い物をしてくれる若い世代のカード会員を増やしていくことで、店舗の売り上げアップにつなげようというのが流通系クレジットカードの狙いなのです。これが流通系クレジットカードは未成年でも審査に通りやすい理由といえます。

各店舗にカードカウンターが設けられているため、即日発行も可能という特徴も備えています。

若者向け年齢制限付きクレジットカード

クレジットカードの中には若い世代をターゲットにした、年齢制限を設けたものもあります。このタイプのクレジットカードは、未成年であってもクレジットヒストリーに問題さえなければ、ほぼ誰でも作ることができます。

三井住友VISAカードのデビュープラスカード

若者向けクレジットカードの中で王道とも言えるのが、三井住友VISAカードのデビュープラスカード。デビュープラスカードは18歳~25歳の若者限定で申し込める年齢制限付きのクレジットカードです。

もちろん若い世代に嬉しい特典がたくさんついたカードなんですよ。

年会費は初年度無料、2年目以降も1年に1回以上の利用があれば無料になるので、このカードをメインで使う場合は実質年会費は永年無料です。

さらに通常の三井住友VISAカードに比べてポイント還元率はいつでも2倍に!還元率1%と年会費無料のクレジットカードの中では非常に高い水準になっています。

普通ポイント還元率の高いカードは年会費が有料だったり、高い信用力がないと作れないものが多いのですが、デビュープラスカードなら年会費無料で高還元率、三井住友VISAカードのブランド力を手に入れることができるのが人気の秘密でしょう!

しかも入会後3ヶ月間はポイント付与率がなんと5倍になる特典付きです!海外旅行に行く前や、進学や就職のために引越しをする前など、高額な支払いが控えている時期にデビュープラスカードを作れば、一気にたくさんのポイントをためられるんです!

ただし年齢制限付きのカードのため、26歳の年の更新月になると自動的にプライムゴールドカードに切り替わり、年会費が5000円かかるようになってしまいます。

ステータスの高いゴールドカードを持てるとはいえ、年会費を払ってまで継続する価値があるのか考えて継続を判断すると良いでしょう。

また、デビュープラスカードは即日発行はできません。インターネット申込なら最短3営業日で発行することができるので、緊急でクレジットカードが必要というわけでないのであれば作って損はないカードです。

学生カード

学生向けのクレジットカードにも独自の特典がたくさん。特に航空系クレジットカードは学生だけのかなりお得な特典がたくさん用意されています。

JALカードnavi

学生専用のJALカード「JALカードnavi」は通常のマイレージプログラムが200円で1マイルたまるところ、2倍の100円で1マイルたまるのが魅力的。

しかも在学期間中は通常3年のマイル有効期限がなんと無期限のため、JALのマイルを貯めたい学生なら必ず持っておきたいカードです。

マイルはためたいとけど、普段の買い物だけではなかなか貯まらないし、気がづいたら有効期限が迫っていて・・・ということがあって挫折してしまう人、結構いるんです。

学生時代にJALカードnaviを使って効率的にマイルをためておけば、学生時代に特典航空券に交換しなくても就職後の旅行の足しにできますね!

さらに学生独自のボーナスマイルも充実!

入会搭乗ボーナスや毎年の初回搭乗ボーナスに加え、海外旅行に行ったときに付与される海外旅行ボーナスや、卒業時にカードを継続すればもらえる継続ボーナス、語学検定に合格すればもらえるボーナスマイルというものまであるんですよ!

学生時代に旅行するときももちろん役立ちます!海外なら通常の半分、国内なら6割引のマイルで特典航空券に交換ができるキャンペーンがあります。

対象の搭乗期間は限られますが、時間に余裕のある学生時代ならキャンペーンの時期に合わせて旅行に行くことも十分可能なのではないでしょうか?ぜひ学生時代にマイルで海外旅行に行き、青春を謳歌しちゃいましょう(笑)

国内旅行損害保険と海外旅行保険も自動付帯されています。ケガの治療費は50万円、携行品損害は15万円など保険内容も充実していますよ。

旅行好きや実家が遠方で帰省のたびに飛行機に乗る学生さん、将来のためマイルをためておきたいという人なら、ぜひ作ったほうが良いクレジットカードといえるでしょう。

未成年がクレジットカードを作る時の注意点

未成年がクレジットカードを作る時は、親権者の同意が必要になります。親に内緒でクレジットカードを作ることはできませんよ。

18歳以上といえども未成年は安定した収入がない場合が多く、社会的責任能力や判断能力が不十分な可能性もあるため、クレジットカードの所持を親が承認する必要があるということです。

冒頭でも説明したように、クレジットカードの取り引きはカード会員との信用関係のもとに成り立つものです。親権者の同意は、未成年会員の信用度を担保するために必要なのです。

クレジットカードを申し込んだ後に親権者の同意確認の電話がかかってくることがあるので、必ず電話を取るようにしましょう!

また、上記で紹介したクレジットカードは限度額が10〜20万円と比較的低めに設定されています。毎月きちんと支払いをしていればのちに限度額が上がることもよくあるので、初めは限度額の範囲内を超えずに使うように気をつけましょう。

未成年でもクレジットカードを使って便利でお得に買い物をしたいという思いがあるのはわかりますが、自分の支払い能力に対して無理なくクレジットカードを使うことは社会の一員としての最低限のマナーだということを肝に銘じて使うようにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です