このページの先頭です

年会費は本当に無駄?年会費がいる理由、いらない理由

433views

投稿日:

年会費は単なる維持費ではない

あなたが持っているクレジットカードの年会費はいくらですか?クレジットカードの年会費は無料のものから年間数万円かかるものまで、幅広くあります。

年会費はカードの維持費のようなもので、払ったからといって何かもらえるわけでもないしできるだけ支払いたくないなぁなんて思っている人も多いでしょう。

しかし、年会費は無駄に支払わなければならない固定費では決してないんです。使い方によっては年会費無料のクレジットカードよりも有料のクレジットカードの方がお得なこともあるんですよ。

年会費がかかるカードはなぜ有料なのかの理由を知り、自分にあったクレジットカードを選ぶようにしましょう。

クレジットカードに年会費がかかる理由

年会費が有料か無料かに関わらず、クレジットカードは現金の代わりとして支払いができるカードであることに変わりはありません。ではなぜカードによって年会費が大きく変わってくるのでしょうか?その理由は2つあります。

サービスの充実度が違う

年会費がかかる理由のひとつは、決済機能以外の付帯サービスが充実しているためです。ポイントの還元率が高く設定されていたり、空港ラウンジを利用できるなど、年会費無料のクレジットカードにはない特典が利用できるのです。

年会費が高ければ高いほど、サービスの充実度も高くなりますが、使う人によっては滅多に使わないサービスが付いてくることもあります。

たとえば、高額な年会費がかかるクレジットカードの中にはゴルフをする人には嬉しいゴルファー保険というものが付いているクレジットカードもありますが、ゴルフをしない人には全く必要がないサービスですよね。

一概に年会費が高ければ高いほどいいというわけではありません。年会費を払ってでも受けたい自分に必要なサービスがあることが重要なのです。

持っているだけでステータスになる

もうひとつの理由は、持っていることでステータスとなる、いわばブランド料のようなものでしょう。各カード会社が発行するカードの中で最上級の、いわゆる「ブラックカード」はその代表例です。

年会費もとても高額で、JCBのブラックカード「JCBザ・クラス」は5万円、アメックスのブラックカード「センチュリオン」はなんと37万8千円と、庶民には信じられない値段なんです。

ブラックカードは自ら新規申し込みをすることはできず、今までのクレジットカード利用経歴によって、インビテーションと呼ばれる招待状が届き、それに返信をすることで発行ができます。

インビテーションが届く条件は明らかにはされていませんが、継続的に高額の支払いを延滞無くしていることが最低限の条件になっているようです。

つまりブラックカードを持っていると、自分はクレジットカードで高額の支払いを常にしているステータスの高い人間なんだ、ということを示すことができるのです。

デートの支払いをブラックカードでしたらモテモテになるかも知れない…!大げさかも知れませんが、そのためにステータスカードを持ちたいと思う人もいるようです。

年会費無料の理由

年会費が数万円もかかるクレジットカードがある一方、年会費無料のクレジットカードも多く発行されていますよね。年会費無料のクレジットカードは、無料であることを武器に多くのユーザーを集め、収入を増やしているのです。

カード会社にとっての儲けはカード会員の支払う年会費に加え、加盟店手数料と呼ばれる収入が中心となっています。加盟店手数料とは、クレジットカード決済を導入している店舗がカード会社に支払う手数料のことをいいます。

店舗で買い物をするカード会員はクレジットカードを持っていても手数料を支払うことはありませんが、実はクレジットカードを利用できるようにしているお店は、カード会社に手数料を支払っているのです。

つまり、カード会社にとってはカード会員がいなければ儲けはゼロになってしまいます。年会費を無料にしてでも多くの人にカードを保有してもらい、手数料での儲けを増やしたいという考えから、年会費を無料にしているのです。質より量ということですね。

年会費無料のクレジットカードが一番お得なの?

年会費が無料のクレジットカードって、有料のカードに比べてセキュリティが甘いんじゃないの?とか、余計な手数料がかかってむしろ損をするんじゃないの?なんて疑ってしまう人もいるかも知れません。

しかし年会費が有料であろうと無料であろうと、安全に利用できることに変わりはないんですよ。もちろん、余計な手数料もかかりません。

それならなおさら年会費が無料のクレジットカードの方がお得だと感じるかも知れませんが、必ずしもそうではありません。クレジットカードの使い方によっては、年会費が有料のクレジットカードでも年会費の金額以上のサービスを受けられることもあるんですよ!

そんなクレジットカードを次の項目で2つ、厳選して紹介します!

年会費が有料でも簡単に元を取れるカード2選

ルミネカード

ファッションビルのルミネの店舗で即日発行できるクレジットカードとしておなじみのルミネカードは、初年度の年会費は無料ですが、2年目以降は1000円(税込)の年会費がかかります。

しかしルミネの買い物でルミネカードを利用すれば、いつでも5%オフで買い物できるので、年間2万円以上ルミネで買い物をする人は、年会費を支払ってでもルミネカードを使った方がお得なんですよ!

ルミネに入っているアパレル店の価格帯で考えると、靴と服をひとつずつ買えば2万円程度になってしまいますよね。しかも、年に数回ルミネカード会員は10%オフになる期間もあります!ルミネでよく服を買うという人は、作って損をすることはまずないといえるカードです。

ANA VISA Suicaカード

ANAのマイルをためている人におすすめなのがこのクレジットカード。年会費が811円(税込)にもかかわらず、毎年継続ボーナスとして1000マイルもらえてしまうんです!

しかし、これには注意点があります。通常の年会費は2160円(税込)ですが、マイ・ペイすリボという三井住友カードのリボ払いのプログラムに登録した上で、年1回以上カードを利用することで年会費が811円になるんです。

利用額は10円でも100円でも構いません。リボ払いで余計な手数料を払いたくないという人は、年1回だけ少額の支払いに使って、家の引き出しにしまっておくという使い方でもいいんですよ。

年会費にこだわらず、自分の目的に合わせて選ぶことが大切

年会費にこだわらず、自分の目的に合わせて選ぶことが大切

年会費がクレジットカードによって大きく異なるのには理由があるということはお分りいただけたでしょうか。生活する上では無駄な出費は減らしたいと考えるのは当然のことだと思います。

年会費無料のクレジットカードも多くある中では、年会費も無駄な出費と感じてしまう人もいるでしょう。

しかし年会費が有料なクレジットカードの方が、年会費が無料のクレジットカードよりも得をすることだってあるんですよ。

年会費が無料だからといって損をすることはまずありませんが、無料であることだけにとらわれていると、年会費を払って受けられる特典に目が行かなくなってしまうかもしれません。

クレジットカードを選ぶときには、自分はクレジットカードを使ってどんなサービスが受けられたら嬉しいか、少し考えてみることをおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です