このページの先頭です

審査に落ちてしまった…原因を知って次こそは審査通過するポイント

207views

投稿日:

クレジットカードの審査落ちには必ず原因がある

近年ネットショッピングの普及などにより、収入のない専業主婦や学生でもクレジットカードを持つハードルは低くなっていますよね。しかし、そんな中でもクレジットカードの審査に落ちてしまう人は少なからずいるんです。

クレジットカードの審査に落ちてしまうことは案外ショックが大きく、自分は社会から信用されていない人間なんだ…と感じて大きなショックを受けてしまう人もいるようです。

クレジットカードの審査に落ちる理由は、もちろんあなたの年収や役職などどいった社会的地位が原因なこともありますが、それ以外にもちょっとしたことで審査に落ちてしまうことがあるんですよ。しかも、それは理由を知らないと誰でもやってしまいがちなことなんです。

ここでは審査通過するために押さえておきたいポイントを紹介します。

短期間での多重申し込みをしない

短期間での多重申し込みをしてしまうと、あなた自身の属性や過去の支払い履歴といった信用情報に問題がなくても審査通過できなくなってしまうのです。これは一体どうしてでしょうか?

短期間に何枚ものクレジットカードの発行申し込みをすると、この会員は限度額いっぱいまでクレジットカードを利用して返済をしないという「借り逃げ」をする可能性がある、とカード会社から疑われてしまい、審査に落ちてしまうことがあるんです。

もちろんあなたは借り逃げなんてするつもりはないと思っていても、カード会社からしてみれば多重申し込みは、それほど疑わしい行動と認識されています。

多重申し込みの定義ははっきりと定められているわけではありませんが、クレジットカードの新規申し込みの限度は多くても1ヶ月に1枚が目安とされているようです。

クレジットカードを3枚発行するにしても、間を空けずに3枚立て続けに申し込むのと、1ヶ月に1枚ずつ申し込むのでは、審査通過の確率が格段に変わってきます。

審査結果が出ないうちに次のクレジットカードを申し込んだり、ほぼ同時期に複数のクレジットカード会社に申し込みをすることは審査通過のためには厳禁ですよ。

最近はショッピングモールなどで、「ショップのクレジットカードを作ると駐車場3時間無料!」などの特典を掲げ、カード会員を増やすためのキャンペーンを実施しているところも多く見かけますよね。

特典欲しさに気軽にクレジットカードを作りたくもなりますが、直近で他にクレジットカードを発行していた場合には、1ヶ月程度の間を空けてから申し込むように気をつけましょうね。

キャッシング枠はできるだけゼロ円にする

クレジットカードはショッピングの決済にのみ利用する予定で、キャッシングは利用しないと決めている場合は、キャッシング枠はできるだけゼロ円、つまりキャッシングを利用できない状態にしておくのがベストです。

その理由はお金の借りすぎによる生活破綻から消費者を守るために施行された、総量規制という法律にヒントがあります。

総量規制とは、キャッシングやローンなどは年収の1/3までしか借入れができないということを定めた法律です。これにより、カード会社はキャッシング枠を希望している人に対して、年収や他社からの借り入れ状況を調べなければいけなくなるため、審査に時間がかかってしまうのです。

そして、もしも他社からの借り入れがある場合には審査に通る確率がぐんと低くなってしまいます。

普段は使う予定はないけれど、海外旅行に行ったときにもしかしたら使うかもしれないという人もいるかもしれませんね。そういう方は、利用可能額を5万円など、少額に設定しておくのが良いでしょう。

審査通過しやすいクレジットカードを選ぶ

審査通過しやすいクレジットカードを選ぶ

もしクレジットカードのブランドや特典にこだわりがなく、とにかくクレジットカードを手に入れたいというときは、審査がゆるいといわれているクレジットカードを選ぶことが審査通過のポイントです。

審査がゆるいクレジットカードとしてよく挙げられるのが、流通系クレジットカードと消費者金融系クレジットカードです。

その中でもどうしても審査通過したいという人におすすめなのは、消費者金融のアコムが発行しているACマスターカードです。

ACマスターカードはアコム独自の審査基準によってカード発行の可否が決まるため、他のクレジットカードが作れなかった人でも審査に通る可能性があるといわれています。

たとえば仕事をしていて収入さえあれば、バイトや派遣社員などの非正規雇用でも問題なく発行ができ、勤続0ヶ月でも申し込みができます。

インターネットで事前申し込みをすると、最短30分でアコムから審査結果の連絡がもらえます。審査に通れば全国600以上の無人機でその日のうちにカードを発行することができ、急いでクレジットカードを作りたいときにはおすすめですよ。

それでも審査に落ちてしまうのはあなたに問題がある

以前にクレジットカードを作ってから間を空けているし、審査に通りやすいといわれているクレジットカードを選んでいるはずなのに審査通過しなかったとしたら、残念ながらあなた自身に問題がある可能性を考えなくてはいけません。

自動車や家のローンを組んでいると、審査通過が難しくなる場合もあります。仮に年収が300万円で自動車ローンの残高が200万円あるとすると、毎月の返済額が多いと判断され、クレジットカードの支払いが滞る可能性があるとして、審査に通らなくなることがあるのです。

ローンも組んでいないという場合には、自分自身のことを改めて確認しなければなりません。年収や職業、年齢など、あなた自身の属性は本当にカード会社の規定に当てはまっていますか?

申込書に記載した情報は本当に間違っていませんか?過去に支払いを延滞してしまったことは一度でもありませんか?

なにかひとつでも審査に支障をきたすような要素がないか、改めて過去を振り返る必要があります。銀行に入金するのを忘れていて携帯代金を支払えていなかった、なんて経験がもしかしたらあるかもしれませんよ。

いま一度、過去の支払いについて思い出してみてください。

もし過去の支払い履歴が気になるのであれば、信用情報の開示を依頼してみてもいいかもしれません。実は、信用情報機関のCICでは本人であれば情報開示をすることが可能なのです。

手数料が1000円かかりますが、パソコンやAndroidのスマートフォンを使って開示報告書のPDFデータを見ることができます。

開示できる情報は、下記の4つに大きく分かれています。

1.クレジット情報

CICに加盟するクレジット会社等と契約した、クレジットやローン等の契約内容や支払状況、残高などの情報

  • 契約した会社名
  • 契約の内容
  • 請求、入金額
  • 残高、返済の状況など

2.申込情報

新規にクレジットやローン等を申し込んだ際に、CICに加盟するクレジット会社等が支払能力を調査するために確認した情報

  • 申し込んだ会社名
  • 契約予定額
  • 申し込んだ商品の内容など
  • 3.利用記録

    CICに加盟するクレジット会社等が、クレジットやローン等の利用途上などにおける審査のために、信用情報を確認した記録

  • 利用した会社名
  • 確認した日、確認の目的など
  • 4.参考情報

    CICが独自に収集した情報で、ご本人がCICに申告した情報や日本貸金業協会から登録を依頼された情報

  • 申告した内容
  • コメントなど
  • 開示報告書の見方はこちらに詳細に書かれていますので、参考にしてみてください。

    審査に落ちてしまったら…

    審査に落ちてしまったら…

    一度審査に落ちてしまうと、その履歴はCICに6ヶ月間記録されてしまいます。もし審査に落ちてしまったら、最低でも6ヶ月はクレジットカードを作るのを我慢しなくてはなりません。

    これを知らずに立て続けにクレジットカードの申し込みをしてしまうと、どんどん審査に通らなくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

    クレジットカードを手にしたいあまりに「A社のクレジットカードの審査は通らなかったけど、B社のクレジットカードは審査基準がゆるいといわれているから大丈夫だろう」と立て続けに申し込んでも、審査に通る可能性はなくなっていく一方なんですよ。

    ただ6ヶ月経てばその情報は消え、今後一生クレジットカードを作れなくなるわけではありません。これからクレジットカードを使って買いたいものがあったのに…という人は計画が狂うかもしれませんが、少しの辛抱ですよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です