このページの先頭です

恐怖!クレジットカードで借金をしないための利用法と注意点

308views

投稿日:

クレジットカードの使い過ぎに要注意!

手元に現金がないけどどうしても買いたいものがあるとき、後払いで利用できるクレジットカードはとても魅力的ですよね。

しかし短絡的にクレジットカードでの買い物を繰り返すと、気づけば限度額ギリギリまで無駄遣いしていた、、という最悪の事態を招くことだってありえます。

手持ちの現金が無くても欲しいものを買えてしまうため、ついついお金が増えたような感覚になって使いすぎてしまうのかもしれませんね。

クレジットカードはお金を増やしてくれるわけではない

クレジットカードは現金の代わりになるわけではありません。カード会社が利用者を信用して支払いを一時的に立て替えてくれるだけであることを忘れてはいけません。

ここではクレジットカードの利用法を誤って借金をしてしまうことがないように、利用する上での注意点を紹介します。

クレジットカードを使うためには安定した収入が大前提

クレジットカードは後払いのシステムなので、毎月安定した収入があることがカード保有のための大前提となります。

クレジットカード発行前に行われる審査の際、申込者が定職についているかどうかは必ず問われます。職業や収入がカード会社が設定する基準を満たさない場合、残念ながらクレジットカードを作ってもらうことができません。

中には収入が安定しない学生やアルバイトの方でも作れるカードもありますが、支払い能力に合わせて限度額が低く設定されているのが普通です。

いずれにせよ、申し込む前には自分に支払い能力があるのかを改めて考えなければいけません。

借金を招く元凶!リボ払いとキャッシングの注意点

クレジットカードを利用すると、通常1~2ヶ月後には利用分のお金をカード会社に返済(通常は口座引き落とし)しなくてはなりません。

返済方法は一括払い以外に、分割払いやリボ払いが選べることはご存知だと思います。リボ払いは利用額に関係なく、毎月一定額ずつ分割払いをしていく方式ですよね。

実はこのリボ払いがクセモノです。クレジットカードで失敗してしまう人の多くが、リボ払いの怖さを知らずに使用していることが多いからです。

リボ払いの注意点

リボ払いは利用残高に関わらず毎月の返済額を一定に保てるメリットがある一方で、利用額が増えるほど完済までに時間がかかり、利息も高いため最終的な支払い金額は驚くほど増えてしまいます。

カード会社によって利率は少しずつ変わりますが、セゾンカードを例にリボ払いの返済額を調べてみました。

  • カード利用額・・・10万円
  • 月々の返済額・・・1万円

この例では支払い回数11回で、合計支払い金額は10万6,754円になることが分かりました。たった1年で6.754%も利息を払わなければならないのです。

リボ払いはカード利用が増えても、毎月の支払額が一定で精神的な負担が少ないため、借金が増えていく感覚がどうしても薄れがちです。

実際私の知り合いで、海外旅行でクレジットカードを使いすぎた分をリボ払いにしていたところ、返済までに2年もかかり気がついたら数万円単位の利息を払っていた、なんて人もいるんですよ…。

カード会社によってはリボ払いの返済額を増やすことができるところもあるので、もしすでにリボ払いを利用している人は、自分にあった金額で返済額を増やしてできるだけ早めに返済を済ませるようにしましょう。

リボ払いを利用したときは、毎月の支払い額と残りの支払い残高がいくらになっているのかを必ず確認することが、借金を防ぐことにつながります。

キャッシングの注意点

現金が足りない時、クレジットカードの便利なもうひとつの機能といえばキャッシングですよね。

ATMで気軽に現金を借りることができる機能で、多くのクレジットカードで買い物で使える「ショッピング枠」とは別に、「キャッシング枠」が設けられています。

キャッシングを利用した場合の返済は翌月の1回払いだけでなく、リボ払いを選択することもできます。これも現金がないときには便利な反面、高額な利息がかかることを覚悟しなければなりません。

またショッピングでクレジットカードを利用した場合、1回払いなら手数料はかかりませんが、キャッシングの場合は1回払いでも手数料(金利)がかることも知っておきましょう。

金利は年15〜18%の場合がほとんどで、これは100,000円をキャッシングした場合、翌月に一括返済しても利息が1,643円かかる計算です。

やむを得ずキャッシングを利用するときは高額な利息を払ってでも借りる必要があるのか、返済できるのかを改めて考えてからにしましょう。

利用明細の確認で使いすぎを防ぐ!

クレジットカードで借金を増やさないために一番重要な注意点は、カードの利用状況を常に把握しておくことです。

毎月の利用明細は忘れずに確認しましょう。

「こんなに使っているとは…」と毎月のように利用明細を見て愕然としている人は、家計簿やメモ帳などにカードを利用した日時と金額をメモしていくのがおすすめです。

スマホアプリで利用状況を管理するのがおすすめ

Zaim」は、レシートを撮影するだけで簡単に家計簿をつけることができる便利なスマホアプリです。

家計簿アプリ「ZAIM」

面倒な管理方法は続かない人が多いと思います。便利なアプリを使って手間を減らしながら支払い状況を把握するようにしましょう。

最近ではクレジットカードの利用明細を、ネット閲覧のみにする代わりに年会費を割引してくれるカード会社も増えています。しかしわざわざネットで利用明細なんか見ない、というズボラな人は年会費を払ってでも紙の利用明細をしてもらい、毎月のカード利用状況を定期的に把握するようにした方が良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です