このページの先頭です

出張こそカードの出番!得するおすすめクレジットカード

341views

投稿日:

出張費、現金で立て替えるなんてもったいない!

あなたは出張でかかった費用をクレジットカード払いにしていますか?どうせ後で精算するから、といって現金払いにしていませんか?

出張費の支払い方法についての社内規定が特にないのであれば、クレジットカードを使わないともったいないですよ!

会社の経費を個人のクレジットカードで立て替え払いするなんて、経理担当から何か言われないか心配…なんて思う人もいるかもしれません。

しかし、社内規定で定められていなければ、口座の残高不足でカードの支払いができなかったなどよほどのことがない限り、とがめられることはないはずです。

むしろクレジットカードの付帯サービスには出張時にも役にたつメリットがたくさん!クレジットカードをうまく活用して出張の負担を少しでも減らし、おまけにお得に出張を楽しんでしまいましょう!

経費をクレジットカードで払えばタダでポイントゲット!

出張費は会社の経費として後日精算されるものですよね。その出張費を個人のクレジットカードで支払えば、自分でお金を支払うことなくクレジットカードのポイントをゲットできちゃいます。

東京から大阪に1泊で出張した場合、最低でも往復の新幹線代で約3万円、ホテル代で約1万円かかります。これに取引先との会食やタクシー代などがかかるとなると、5万円、6万円とどんどん金額が大きくなっていきますね。

出張は会社のお金を使っているのであまり意識しないかもしれませんが、これを個人の出費に置き換えて考えると、4人家族の1ヶ月分の食費相当になり、結構大きな出費といえるでしょう。

出張費をクレジットカードで支払えば、この分のポイントやマイルを実質タダでもらえるんです。

飛行機での出張のお供にしたいクレジットカード

出張でクレジットカードを使うメリットは、ポイントやマイルがもらえるというお得な面の他にもたくさんあります。

海外出張が多い人など、出張先に行く手段として飛行機を頻繁に利用する人におすすめしたいのは、空港のラウンジが使える付帯サービスがついたクレジットカードです。

カード会社が運営する空港ラウンジは、多くのクレジットカードでゴールドカード以上のステータスであれば利用できます。

ラウンジ内では無料のドリンクが飲み放題で、パソコンで仕事ができるように電源が随所から取れるようになっていたり、新聞が置いてあったりと、ビジネスマンに嬉しいサービスがたくさん用意されています。

ゴールドカード以上というとハードルが高く感じられるかもしれませんが、なんと年会費2,000円程度で持つことができ、空港ラウンジも利用できるゴールドカードがあるんです!

そのカードは、MUFGカードゴールドです。

ゴールドカードでありながら初年度は年会費が無料な上、翌年からの年会費も1,905円(税別)と、低く抑えられています。国際線を利用する場合に限りますが、国内の主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ空港が無料で利用できます。

即日発行はできませんが最短で翌営業日には発行されるので、海外出張が決まったタイミングで申し込めば出張前に入手することができるでしょう。

ラウンジが使えるクレジットカードを使えると飛行機の待ち時間でも仕事ができたり、少し息抜きができたりしますよね。

しかもラウンジでコーヒーを飲みながら仕事をしているサラリーマンって、なんだかカッコよくないですか?(笑)

ただ一点注意したいのが、このカードをはじめゴールドカードで利用できるラウンジはいわゆる「カードラウンジ」と呼ばれるラウンジで、JALラウンジやANAラウンジなどの航空会社のラウンジは利用できません。

航空会社のラウンジ受付でゴールドカードを提示しても中には入れず、少し恥ずかしい思いをすることになるので、注意してください!

新幹線での出張に持っていきたいクレジットカード

2017年9月に東海道・山陽新幹線(東京〜博多間)を出張でよく利用する人に嬉しいサービス「スマートEX」が新たに始まりました。

スマートEXは事前に新幹線代の決済をするクレジットカードと改札でタッチするICカードを登録しておけば、パソコンやスマホから新幹線のチケットが予約できるサービスです。

そして乗車の際には登録したICカードをタッチするだけで新幹線の改札に入ることができ、そのまま新幹線に乗車できます。

今までは窓口や券売機でチケットを買わないと新幹線の改札には入れませんでしたが、事前に登録をしておけば、チケットレスで在来線に乗るのと同じように新幹線に乗れるんです!

乗車日当日の列車発車時刻まで手数料がかからずに予約の変更ができるので、万が一スケジュールが変更になった時でも安心です。

出張の日は移動時間が長く、朝かなり早く出発しないといけないことも多いですよね。しかも、移動が長いと乗り換え時間に余裕を持って出発したりと、何かと余計に時間がかかるものです。

スマートEXを利用すれば忙しい出張の時でも少し余裕が持てるようになるはずですよ。

スマートEXのサービス開始以前にもチケットレスで新幹線に乗れる「エクスプレス予約」というサービスはありましたが、JR東海エクスプレスカードもしくはJ-WESTカードのどちらかのクレジットカードでしか利用できず、1,080円の年会費が必要でした。

エクスプレス予約のサービスは現在でも利用できますが、より手軽に利用できるサービスとしてスマートEXが開始したのです。

スマートEXのサービス開始により、Kitaca、PASMO、Suica、manaca、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの10種いずれかの交通系ICカードさえ持っていれば、どのクレジットカードでもチケットレスで新幹線を利用でき、決済できるようになりました。

そのような中でも新幹線を利用した出張のお供におすすめしたいのは、交通系ICとオートチャージ機能が搭載されたクレジットカードです。

スマートEXに登録するクレジットカードとICカードが1枚に集約されていれば、もしも改札を通れないなどのトラブルがあった際にも、窓口での対応がスムーズになるでしょう。

スマートEXを利用して新幹線にチケットレスで乗ったのに、在来線の改札で残高不足で足止めを食らったら時間がもったいないですよね。オートチャージ機能がついていれば、切符売り場まで戻ってチャージをしに行く、なんてことはなくなります!

オートチャージ機能のついたクレジットカードは多くありますが、即日発行ができるのはルミネカードとビックカメラSuicaカードです。

どちらのカードにもSuicaが搭載されている上、オートチャージを利用すると、通常の3倍のポイントがたまります!

海外出張が多い人におすすめのクレジットカード

海外出張が多い人が持つべきクレジットカードは、ずばり海外旅行保険が付帯されているカードです。

旅行なら多少予定を変更してでもホテルで休んだりして体調を整えることができるかもしれませんが、出張となるとなかなかそうはいきませんよね。しかも、現地の病院を利用すると法外な金額を請求されることも多々あるのです。

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードの中でも海外出張におすすめのクレジットカードは、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードです。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードは最高3000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯しており、病気になった際の治療費は最大で300万円、携行品損害は30万円と、充実した保険内容になっています。

しかも通常ポイント還元率は0.5%ですが、海外利用分はポイント2倍の1%になるんです。経費で精算できるホテルの宿泊代でも2倍ポイントがもらえちゃいますね!

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード海外出張を安心、かつお得にしてくれるクレジットカードなんです。

出張時の支払いにはクレジットカードがおすすめ

出張の経費精算の際にはレシートや領収書が必要になりますよね。

しかし、長期で出張に行った場合など、領収書がどんどん増えていくと私用の買い物レシートと混ざってしまう可能性も増えていきます。経理担当に精算書を渡した後に「この領収書もあった!」なんて経験ありませんか?

そんなとき、クレジットカードで支払いをしていれば利用明細が記録されるので会社の用事で何にいくら使ったのかを確認することができます。

万が一領収書をなくしてしまってもカード明細に記録されていれば精算をしてくれる可能性もあります。

しかし、カード利用明細で経費が下りるかどうかは会社の経理担当の判断によるところが大きいと思うので、クレジットカード払いにしていてもできるだけ領収書はなくさないように気をつけてください。

クレジットカードを活用してあなたの出張がより快適になりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です