このページの先頭です

不正利用撃退!盗難保険が充実したクレジットカードを選ぼう

214views

投稿日:

広がるクレジットカード不正利用被害

クレジットカードは便利な反面、第三者の悪用による不正利用のように、すぐに犯人を見つけることができない犯罪に巻き込まれるリスクを持っています。

日本クレジット協会の調査によると2017年1月から6月の半年間で、なんと118.2億円もの不正利用被害が出ているそうです!怖い・・・

不正利用はカードそのものの盗難だけでなく、偽造カードを使っての悪用やカード番号の盗用などで被害が報告されています。最近では加害者がネット通販サイトに不正アクセスし、カード情報を盗み取るという手口も問題となっています。

オレオレ詐欺などの手口が多様化しているのと同じように、クレジットカード不正利用の手口も残念ながら広がっているんです。

不正利用が起きたとき頼りになるクレカの盗難保険

クレジットカードを持っていれば利用している、していないに関係なく、誰でも被害に遭う可能性がある不正利用。万が一、自分が被害にあってしまったら泣き寝入りするしかないのでしょうか?

いいえ!そんなことはありません。日本で発行されるクレジットカードのほとんどには、盗難保険がついているのです!

盗難保険はカードの盗難や不正利用による被害額の支払いを免除してくれるサービスです。これによりカードが悪用されてもカード会員は損害を負うことはありません。

もちろん即日発行可能のクレジットカードにも盗難保険はついていますよ。次の項目では、安心して使える盗難保険付きの即日発行可能なおすすめのカードを紹介します。

カードの悪用、詐欺対策が万全なエポスカード

マルイ店舗のカウンターで即日発行ができるエポスカードは、盗難保険だけでなく不正利用を未然に防ぐための対策がとても充実しています。

不正使用検知システムを搭載

エポスカードには会員以外の第三者がカードを不正利用していないかをチェックする「不正使用検知システム」が導入されています。

不正利用の可能性があると判断された場合は本人確認が要求され、第三者による不正利用を未然に防ぐことができます。パターンを分析して判断するシステムのため、人が見破ることのできない不正利用を見抜くことができるのだとか!

バーチャルカードでネットショッピングも安心!

エポスカードは近年増加しているネット通販サイトを悪用した不正利用対策も万全です!インターネットショッピング専用に、エポスバーチャルカードというウェブ上で発行される形のないカードを無料で作ることができるんです。

形のないカード?なんだかよく分からない…と思った方も多いと思うので、詳しく説明したいと思います。

エポスバーチャルカードは通常のエポスカードを持っている人が申し込むことのできるウェブ上でのみ利用できるカードです。通常のカードとは違うカード番号で発行されるため、万が一不正利用があっても手持ちのカード番号が知られることはありません。

2つカード番号があり、1つは通常の買い物用の番号、もう1つはウェブ上での買い物専用の番号と考えると分かりやすいかもしれません。

ネット通販サイトでカード番号を入力するのは少し不安がありますよね。初めて使うサイトや個人で経営しているような規模の小さいサイト、海外のサイトとなればなおさらでしょう。

エポスバーチャルカードを持っていれば、そんな不安が解消されますよ。

年会費も発行手数料も無料で作れるので、エポスカードを持っていてネット通販をよく利用する方には大変おすすめです!

万が一の不正利用にもすぐに気づける利用通知サービス

エポスカードにはカードを利用するたびに、利用日時と金額が即座にメールで通知される「利用通知サービス」を設定することができます。これにより身に覚えのない使用があった際にはすぐに気づくことができるんです。

万が一被害にあった場合には、被害を届け出た61日前までさかのぼり、それ以降の不正利用による損害を全額補償してくれるという仕組みなんですよ!

クレカの盗難補償が適用されない場合とは?

クレジットカード不正利用の被害にあっても盗難保険があれば支払いが免除されから安心~♪とお考えの方はちょっと待って!実は盗難保険が適用されない条件も少なからずありますので、注意が必要です。

キャッシング枠の不正利用は基本的に補償対象外

残念ながら多くのクレジットカード会社では、キャッシングの不正利用被害は補償対象外となっています。

これはキャッシングの利用にはクレジットカードの現物と暗証番号が必要なため、カードの盗難だけでは不正利用に結びつく可能性は少ない、つまり利用者の過失も相当程度あるとみなされるからなんです。

暗証番号を誕生日など類推しやすい番号や1234などの単純な文字列に設定しているとキャッシング被害のリスクが非常に高くなります。例えば財布を落としてクレジットカードと一緒に運転免許証を紛失した場合、キャッシング機能を不正利用される可能性はぐんと高まってしまいます。

暗証番号は他人に推測されにくい番号に設定し、身近な人でも安易に教えないようにしなければいけません。

セゾンカードのキャッシング安心プランという選択肢も

セゾンカードには、キャッシング安心プランというオプションサービスが用意されています。

セゾンのキャッシング安心プラン

利用には月300円かかりますが、キャッシング不正利用による現金の盗難も補償してくれるため、有料プランでも安心を手に入れたい!という人は検討してもいいかもしれませんね!

クレジットカード裏面の署名が無いと補償対象外に!

クレジットカード会社が補償適用外としている条件のひとつに「カード会員に重大な過失があると認められた場合」というものがあります。

たとえばカードの保管義務を怠るなどが重大な過失とされますが、実はカードの裏面の署名欄が未記入である場合もこれに該当するんです!つまりクレジットカードの裏に署名がないと、盗難保険の対象外となるということです。

「クレジットカードはネットでの決済専用で家に置いておくだけだから、サインしなくていいや」と思っているあなた。もしも空き巣被害にあってクレジットカードを盗まれたら…。クレジットカードにサインをしていなければ誰も助けてくれませんよ。

1秒もあればサインはできます。自分の身を守るために、決して面倒臭がらずに全てのカードにサインをしてくださいね!

盗難保険には60日の適用期間制限がある

多くのクレジットカード会社では、盗難保険の適用期間を届け出日から60日以内の被害に設定しています。不正利用被害に遭ったことに気が付くのが遅れ、61日以上経ってから届け出た場合、補償対象外となってしまうのです。

不正利用に利用明細を見て初めて気がづくということもありえます。利用明細ができたらすぐに内容を確認し、疑わしい履歴がないかを必ず確認しましょう。

もしも不正利用の被害にあってしまったら

何度も繰り返しますが不正利用は誰にでも起こりうることです。ある日突然、身に覚えのない高額請求が来たら誰でも焦ってしまうことでしょう。

不正利用が発覚したらとにもかくにも一刻も早くカード会社に連絡することが重要です。連絡をするとカード会社はすぐさまクレジットカードの利用を停止し、本当に不正利用だったのかどうかを調査してくれます。

残念ながら不正利用だと発覚した場合には、被害の拡大を防ぐためそのカードは無効となり、新しいカードが発行されます。

盗難保険が適用可能かどうかは、その時の条件により保険会社が判断します。

不正利用が疑われる時はとにかくクレジットカード会社に連絡する。それだけは頭の隅に置いてクレジットカードライフを過ごしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です