このページの先頭です

意外と知らないクレジットカードの仕組みとは

321views

投稿日:

そもそもクレジットカードはどういう仕組みか知っていますか?

コンビニやスーパーといった日常の買い物やネットショッピング、公共料金の支払いまで…。最近はあらゆる場所でクレジットカードが使えるようになり、現金よりもクレジットカードを使う機会が多い人も増えています。

現金の代わりとして何気なく利用しているクレジットカードですが、なぜ現金のやり取りを一切せずにカード1枚だけで決済ができるのか、その仕組みは意外と知らない人も多いのではないでしょうか?

クレジットカードの仕組みは信用の上に成り立つ

クレジットカードの「クレジット(credit)」とは信用を意味します。その名の通り、クレジットカードで決済できる仕組みは、大前提としてカード会員の信用のもとに成り立っています。

あなたがクレジットカードで買い物をするときに店舗で現金を支払わずに買い物ができるのは、カード会社があなたに対して信用があるということを保証しているからです。信用とはクレジットカードでの後払いでも確実に払ってくれるという保証があるということ、と言い換えればわかりやすいかもしれません。

カード会員の信用のもとに、クレジットカードを利用した立て替え払いの機能が成り立っているということです。だからクレジットカードを発行する際には、入会希望者が信用できるかどうかを判断するための審査が必要なんですね。

クレジットカードが利用できる店とできない店

世の中にはクレジットカードが利用できる店舗とできない店舗がありますよね。この違いは一体なぜ生まれるか知っていますか?店舗の規模によって変わると考える人が多いかもしれませんが、実は違うんです。

もちろんイオンなどのような大規模スーパーではクレジットカード決済ができることが多いですが、一概に大規模な店だからといってクレジットカードが必ず使えるというわけでも、小さい規模の店だから使えないというわけでもないんですよ。

クレジットカードが使えるかどうかの違いは、クレジットカード加盟店かどうかの違いなんです。クレジットカード加盟店とは、客がクレジットカード払いができるようにカード会社と契約をしている小売店のことをいいます。加盟店になるためには、小売店はカード会社に加盟店手数料という料金を支払う必要があるのです。

店舗で買い物をする客はクレジットカードを持っていても手数料を支払うことはありませんが、クレジットカード決済ができるお店は、カード会社に手数料を支払っているんですよ。

小売店にとっては、クレジットカード加盟店になり客がクレジットカード払いができるようにすることで、高額な買い物をしたい客や、近年急増している外国人観光客の集客にも役立つというメリットがあります。しかし、小規模の小売店では加盟店手数料を支払うことを嫌ってカード決済を導入していないことも多いんです。

少し話がそれますが、実は日本はクレジットカード後進国といわれていて、カード決済のできる店舗の割合は先進国の中ではかなり低い水準なんですよ。最近の外国人観光客の増加や2020年の東京オリンピックに向けて、カード加盟店を増やしていこうという動きが徐々に活発になってきています。

クレジットカード決済の仕組み

クレジットカード会社はカード加盟店に対し、客が買い物などをした購入代金をカード会員に代わって支払います。

後日、カード会社はカード会員の登録している銀行口座から代金を引き落とし、立て替えていた分を精算します。これがクレジットカード決済の仕組みです。

クレジットカードを持つメリット

手元に現金がなくても欲しいものが買える

クレジットカードで決済した代金は、カード会社の指定した日にまとめて引き落とされるので、カード会員は手元に現金がない場合でも欲しいものが買えてしまいます。財布にお金がないとき、銀行やコンビニなどのATMでその都度現金を下ろすと手数料がかかってしまいますよね。さらに休日や夜間だと時間外手数料もかかってきてしまいます。

クレジットカードを持っていれば、財布の中の現金がいくら入っているかはあまり気にしないで済みますし、余計な手数料を支払う必要も少なくなりますよ!
今は預金残高が少ないけれど来月ボーナスで50万円入る、というときにはボーナス分を加味して欲しいものが買えたり、旅行に行けたりします。自分へのご褒美を前倒しで買えてしまいますね!

またキャッシング機能が付帯しているクレジットカードを利用すれば、預金はないけれどどうしても現金が必要というときにATMで現金を引き出すことができます。ただし、利息は必ず発生するので注意しましょう。

大金を持ち歩く必要がない

クレジットカードを持っていると大金を持ち歩く必要がないので、盗難のリスクを減らすことができるといえます。

現金を盗まれてしまうと、残念ながら手元に戻らないことも多いのですが、クレジットカードなら盗難されたことがわかった時点で利用を止めることができます。さらに、盗難にあったときの補償をしてくれる盗難保険が付帯しているクレジットカードもあるんですよ。

持っているだけで受けられるサービスがある

クレジットカードには、付帯サービスと呼ばれる支払い以外の機能がついているものが多くあります。付帯サービスの代表例を挙げると、クレジットカードを使えば使うほどたまるポイントサービスや海外旅行保険、特定の店舗での割引優待サービスなど、暮らしを便利でお得にしてくれる機能が盛り沢山なんです!

クレジットカードの種類にもよりますが、これらのサービスはクレジットカードを利用せずただ持っているだけで受けられるものも多くあるんですよ!

クレジットカードを持つデメリット

お金を使っている感覚が鈍くなる

クレジットカードの決済には現金が必要ない上に、口座に預金がなくても引き落とし日にさえお金を調達できれば支払いができてしまうため、お金を使っている感覚が鈍くなってしまうという人も少なくありません。

クレジットカードの支払いに慣れてくれば、自分の懐事情に合わせたクレジットカードの使い方も次第にできるようになってきますが、特にはじめのうちは「きっと払える!」と過信して使いすぎてしまう人もいるんです。

カード会社としても、使いすぎを防ぐために年収や年齢に応じて限度額を設定してはいますが、自分自身でも収入に見合った使い方ができているかを考えなければいけません。

いざクレジットカードの締め日に利用金額を見てみたら、思ったよりも大きい額で真っ青になった、なんてことがないように気をつけましょう!

支払いを延滞すると高額な手数料がかかってくる

クレジットカードの引き落とし日に指定の口座に利用金額分のお金が入っていないと、クレジットカードの支払いはできませんよね。こうなってしまうと、遅延損害金という手数料が発生してしまいます。

ショッピング利用での遅延損害金の上限は年率14.6%となっており、元々の引き落とし日から実際に支払いが完了するまでの日数で算出されます。

元の支払い金額が10万円で10日間支払いが遅延したとすると、年率の14.8%をかけた金額から365日で割った金額が遅延損害金の日額になります。

つまり、
10万円×14.8%×10日間/1年=405円
となるため、10万405円支払わなければいけないのです。

遅延損害金は1日でも支払いが遅れてしまうと発生してしまいます。さらに、支払いが遅延してしまうと、信用情報機関にも支払い延滞した記録が残ってしまい、こうなってしまうと、今後クレジットカードが発行できなくなったり、ローンを組めなくなってしまう可能性があるのです。

クレジットカードの引き落とし日の数日前には、引き落とし口座に十分な金額が入っているか、必ず確認をしましょう。特に、給与振込口座とクレジットカードの引き落とし口座を分けている人は、入金忘れが絶対にないよう、注意してくださいね!

住所変更などの手続きが必要

引っ越しをしたときや、結婚して名字が変わったときなどはその都度会員情報の変更が必要です。ネット上で会員情報の変更が完結するカード会社もありますが、資料を請求して必要事項を記入して返信しないと変更できない場合もあります。

転勤族の方など、引越しが多い人にとっては少々面倒に感じるかもしれません。

心構えがあればクレジットカードはとても便利なもの

ここまでクレジットカードのメリット・デメリットを紹介しましたが、デメリットとして挙げていることは、心構え次第で克服できることばかりだといえるでしょう。

クレジットカード=お金という認識さえしっかり持っていれば、使いすぎや延滞は防げるはずです。クレジットカードの仕組みを理解した上で利用することができれば、多くのメリットを受けることができますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です